沿革

2012年 11月 日経産業新聞フォーラム2012「ビジネス航空フォーラム」に参加
  2月 「NCメディカルリサーチ株式会社」の第7回第三者割当増資を実施。
2011年 10月 低炭素株式会社を合併
  7月 「スマートシティプロジェクト」のフラッグシッププロジェクト「柏の葉スマートシティ」を本格始動
  4月 「NCメディカルリサーチ株式会社」の第6回第三者割当増資を実施。
  3月 代表の佐々木が東日本大震災復興構想会議専門委員会に委員として参画
  2月 「集合住宅における在宅高齢者向けサービスの実現に向けたプロジェクト」を開始
2010年 9月 第3回世界環境ビジネスフォーラムに参加
  6月 第2回世界環境ビジネスフォーラムに参加
2009年 9月 『一般社団法人フューチャーデザインセンター』の理念である国家的課題の解決を具体化する、プロジェクトの第一弾としてスマートシティプロジェクトをスタート。
  7月 国家的課題の解決へ向けた具体的な「先進モデル」を発信することを目的とした、『一般社団法人フューチャーデザインセンター』を、前東京大学総長(現株式会 社三菱総合研究所理事長)の小宮山宏氏、東京大学総長室顧問の山田興一氏、三井不動産株式会社等と設立。センター長に弊社佐々木が就任。
  6月 新規抗がん剤の開発を行うバイオベンチャー企業『株式会社アップストリーム・インフィニティ』に出資。代表取締役社長に弊社佐々木が就任。
  5月 「NCメディカルリサーチ株式会社」の第5回第三者割当増資を実施。
2008年 9月 「NCメディカルリサーチ株式会社」の第4回第三者割当増資を実施。
2007年 10月 「NCメディカルリサーチ株式会社」の第3回第三者割当増資を実施。
  9月 弊社が運営事務局となり、厚生労働省の補助事業である「富山うつプロジェクト」がスタート。
  6月 安藤佳則が代表取締役会長、吉田裕明が取締役副社長に就任し、経営体制の強化と事業の拡大に着手。
  4月 環境省が推進する地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」について、3年目の支援に着手。
  3月 「NCメディカルリサーチ株式会社」の第2回第三者割当増資を実施。
2006年 4月 環境省が推進する地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」について、2年目の支援に着手。
  4月 「NCメディカルリサーチ株式会社」の第1回第三者割当増資を実施。
2005年 4月 環境省が推進する地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」の支援を開始。
2004年 12月 弊社が中心となり、大手損保企業、製薬企業、大手IT企業、大手電機グループ、大学の教授等と、脳梗塞再生医療事業を行う「NCメディカルリサーチ株式会社」を設立。
  3月 東京都港区城山JTトラストタワーへ移転。
2003年 2月 株式会社インテックおよび韓国LGグループと共同で大型汎用機用システムをパソコンやサーバーなどの小型用として再構築するサービスを手がける新会社「株式会社INTEC LG CNS」を設立。
2000年 8月 株式会社インテックと共同で情報技術(IT)分野に特化したVCの「株式会社インテック・アイティ・キャピタル」を設立。VC、プロデューサーとして参画。
  7月 デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(現アビームコンサルティング株式会社)と「イーソリューションズ・エス・アイ株式会社」を設立し、欧米の情報 技術(IT)系企業の日本進出支援。
  5月 東京電力株式会社、東京通信ネットワーク株式会社、株式会社インテックが運営する世界最大規模のデータセンター「アット東京」の共同事業会社設立にVC、プロ デューサーとして参画。
  5月 ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン株式会社と業務提携し、ネット事業における戦略策定やベンチャー企業との提携支援を開始。
1999年 11月 設立から約5ヵ月のハイスピードでオートバイテル・ジャパンのサービスを開始。
  6月 東京都江東区インテック東京ビルへ移転。外資系ベンチャー日本進出支援第1号としてオートバイテル・ジャパンを設立。
  1月 東京都千代田区においてイーソリューションズ株式会社を設立。オートバイテルの日本進出に関するフィージビリティスタディを開始。
トップへもどる
© e-solutions inc. All Rights Reserved.