OBインタビュー 前川 正一郎

 

PROFILE
法政大学卒業後、大手電力会社で法人営業及び、新規事業の企画立案・運営経験を経て、2017年にイーソリューションズへ入社。ソーシャルデザイン事業部、事業部長を務めた。

 

―イーソリューションズ入社前のキャリアについて教えてください
大学卒業後、2014年4月に新卒で大手電力会社に入社し、3年間「法人営業」「新規事業の立上げ」に従事しました。


―イーソリューションへ入社したきっかけについて教えてください

大手電力会社で「新規事業の立上げ」に関わったことがきっかけです。
当時、電力自由化が進む中、大手電力会社も生き残りをかけて様々な取組をしていました。
0→1の事業立上げを行う中、顧客ニーズの仮説出し・検証・改善を繰り返し、自社でできない部分をパートナーにお声かけし、他部署へ啓発活動をしながら少しずつ形にしていく。
当時、事業立上げの難しさを知ると同時に、その面白さに気づき、「もっとこのような経験ができる会社がないか」と探す中で、イーソリューションズに出会いました。



―イーソリューションズで働く魅力を教えてください

大きく分けると2点あると思います。
1つ目は、トップコミュニケーション。若手に対し、政治家や省庁関係者に加え、大手企業の経営層、業界の第一人者と議論できる機会を多く与えてくれる環境は、イーソリューションズの魅力だと考えています。
その分、業界・専門知識や様々なビジネスケースを理解し、高い視座に立つ努力が必要ですが、必死に食らいつくことで経験一つ一つが自身の財産になっていくと思います。
2つ目は、事業立上げの経験。事業立上げをする上で、「トップコミュニケーション」はもちろん、「現場視点」に立ち、方向性を示すだけでなく、時間軸を考え実行ステップを分解し、今のすべきことを明確にすることで関係者が動きやすい環境を作り出す必要があります。
そのためにも、「理解し、納得できるフレームワークやメカニズム」を日々考え、限りある時間の中で解を出すという経験は、イーソリューションズだからできた経験だと思っています。


―今後、生かされると感じるイーソリューションズ で得られたスキル・能力・経験について教えてください

「イーソリューションズで働く魅力」にも繋がりますが、業界などの垣根を越えて高い視座で物事を考え、課題とそのメカニズムを理解することを学べたことにあると思います。
そのためにも、スキル面では様々なフレームワークを持ち、活用することが求められますが、イーソリューションズでは学べる環境が整っていると思います。

また、スキル等ではないですが、「クライアントのためにという心構え」や「やり抜く姿勢」は、今後の財産になると思っています。
事業立上げと言っても、市場は常に動いており、その中でクライアントが半歩先・一歩先を進めるにはどうしたらいいか、日々情報収集し、仮説を練り上げ、限りある時間の中でアウトプットしていかなければなりません。
イーソリューションズでは、経営層が近いこともあり、この姿勢を目の前で見ながら仕事ができる環境にあります。日々の緊張感はありますが、スキル等とは別物に、こういった姿勢一つとっても今後ビジネスの世界で活動していく礎になったような気がしています。

 

―今後の目標について教えてください

今後は、電力(エネルギー)関連の仕事に関わっていきたいと考えています。
日本のみならず、脱炭素社会シフトにおいて、「国産の再エネをどう作るか?」「送配電の品質担保とコスト削減の両立をどう実現するか?」「EV等で増加する消費電力をどう賄うか?」など数多くの課題を乗り越えていく必要があります。
そのためにも「制度」「事業」「技術」の視点から多岐にわたるアプローチが必要です。

イーソリューションズで経験したことを活かし、同じ思いを持つ方々と少しでも社会のために貢献できればと考えています。

 

 

 

 

 

(取材 2021年10月)

 
トップへもどる
© e-solutions inc. All Rights Reserved.