OBインタビュー 吉田わたる

イーソリューションズの入社前のキャリア

在学時にERP(SAP/R3)に興味を持ち、新卒でシステムインテグレーター(SIer)に入社しました。自社システムの開発(Visual Basicなど)を1年ほど経験した後、大手通信事業者に常駐し、通信インフラの保守を約4年半行っていました。そのようなキャリアを積んでいく中で、自分のキャリアの柱を「会計」「IT」「英語」と考え始め、特に「会計」が手に職をつける意味で良いかと思い、退職して公認会計士を目指すことにしました。 退職後は、税理士事務所でアルバイトをしながら会計士の勉強をし、合格後は当然の流れとして監査法人への就職を考えていましたが採用枠も限られている為、事業会社にも視野を広げて就職活動をしていました。 そして、経理業務のみならず、会社全体やバックオフィスの仕組み作りや業務改善など、会計以外の業務にも幅広くチャレンジできる環境(マルチタスク)に魅力に感じ、イーソリューションズへの入社に至りました。

イーソリューションズで得られたスキル・能力・経験、働く魅力について

管理部目線になりますが、経営者がどのようなことにリスクを感じるのか等を見て感じられること、「会計」以外の業務(人事・労務・法務・情シス、とにかく何でも)も幅広く経験できることがイーソリューションズで働く魅力だと思います。 一般的に管理部門の業務は分業化されることも多く、例えば経理などの一部分の業務にしか携われないことが他社ではあります。その点、イーソリューションズではマルチタスクを常に任される為、会社全体を俯瞰してみること、業務の目的や背景をくみ取って経営層と擦り合わせをしながら業務を進めること、会社の仕組み・規定・ルールなどの会社としてあるべき姿を追求すること等幅広い業務経験を積むことができます。これらのことが自身の成長に繋がったように思います。

 

現在のお仕事と今後の展望に関して

ベンチャー企業で株式上場(IPO)に向けた体制や仕組みづくりなどを担当しており、当面の目標は株式上場(IPO)の実現になります。 公開準備の作業はとても広範囲で多岐に渡り、社内外の関係者と連携して準備を行うことが必要な業務です。その中で経営者の言葉の本質を見極め、会社の成長を鑑みて業務を遂行し、マルチタスクをこなすことができるのはイーソリューションズで得られたスキルがあるからだと思います。イーソリューションズで学んだことが現在の職場でも活きていると、毎日実感していますね。

 

 

(取材 2018年6月)

トップへもどる
© e-solutions inc. All Rights Reserved.