団地高齢者コミュニティ運営業務の全国展開のための連携支援

プロジェクト概要

高齢者を多く抱える団地における小売店出店計画を全国規模で展開するべく、住宅管理事業者と国内流通最大手のアライアンスを企画した。

住民主体による交流事業の推進
少子高齢化の進展に伴い、集合団地を運営する事業者A社の物件は特に高齢化が進んでおり、高齢者の孤立が課題となっていた。これに対し、イーソリューションズは住民を巻き込んだ高齢者コミュニティの活性化に向けた事業を提案した。この事業は住民同士の交流を促すことを目的に、見守り巡回や映画上映会といった住民参加のイベント、日用品の共同購入等などの企画を行った。またこれらの活動を住民の中から選定されたコーディネーターに運営してもらうことで、住民間の自発的な交流が生まれることを目指した。

 

全国展開を見据えたアライアンス
イーソリューションズは交流事業だけでなく、集合住宅内における買い物弱者の課題解決を目指し、国内小売最大手であるB社との協働により生活必需品を購入できる店舗を誘致することを提案した。
更に、交流事業と合わせて、B社との提携を通じた高齢者コミュニティ活性化の全国展開も視野に、イーソリューションズは両社のアライアンスを企画した。

 

店舗における「高齢者コミュニティ活性化事業」
アライアンス企画の開始にあたり、高齢者の心情(例えば「重い物は持ち運べないが、他人に負担をかけているように見られたくない」等)のヒアリングを行った。この結果を基に、店舗集客にむけたPRや配達オペレーション、宅配事業者や集会所との連携、イベントの告知等店舗で行うサービス企画を行った。その上で、高齢者の様々なニーズと動線を想定した出店計画、及びそれらが利用されるために必要なものを考案した。
2017年5月時点で両社は包括締結を実現し、集合団地における高齢者コミュニティ活性化事業が動き出そうとしている。

その他のプロジェクト

トップへもどる
© e-solutions inc. All Rights Reserved.