米国のエネルギー分野ベンチャー企業の日本市場参入支援(2014年)

プロジェクト概要

北米大手電力事業者にも導入されたITソリューションを開発・販売する米国シリコンバレー ベンチャー企業の日本市場参入支援を行った。

米国におけるスマートグリッド分野のITソリューション導入加速
リーマンショック後の経済対策の一環として、オバマ大統領のもと「グリーン・ニューディール」を打ち出した米国では、通信ネットワークの高速化、ITによる制御技術の高度化を背景に、国を挙げてスマートグリッド事業を推進し、ITソリューションの開発、実フィールドでの導入が進んでいた。

 

米国シリコンバレー ベンチャー企業の日本市場進出の支援
一方、日本では、東日本大震災後の分散電源化や、2016年4月から始まる電力小売の自由化など、電力市場の大きな転換が見込まれ、スマートグリッド分野におけるITソリューションへのニーズの高まりが予測された。

このようなニーズの高まりに対し、北米大手の電力事業者にも導入実績を持つ米国シリコンバレーのベンチャー企業は、自社で開発した電力系統及び電力系統上の設備状況の情報をリアルタイムで分析・可視化するITソリューションの日本市場への参入を目指していた。イーソリューションズでは、エネルギー分野における知見とネットワークを活かし、当該ベンチャー企業の日本市場参入戦略の策定とパートナー企業・エンドユーザーの開拓を支援、大手電機メーカーとの提携を実現した。

 

エネルギー分野に留まらない更なる日本市場進出の支援
当該ベンチャー企業のITソリューションが、物流やセキュリティの分野等へサービスを拡大し、米国の大手物流企業での導入が実現したことを踏まえ、日本においても、エネルギー分野に留まらず、物流企業や生活者サービスを展開する企業との更なる連携をすべく、イーソリューションズは引き続き支援している。

その他のプロジェクト

トップへもどる
© e-solutions inc. All Rights Reserved.