SEMINAR
講演実績

2020年3月24日

埼玉県熊谷市 「地方創生」と「産業化」をテーマに講演

弊社代表の佐々木は2020324日、埼玉県熊谷市議会の第1委員会室で、野澤久夫議長をはじめとする市議会議員や市幹部職員の皆さまに向け、「地方創生」と「産業化」をテーマに1時間の講演をいたしました。

講演では、プロラグビーチーム「パナソニック ワイルドナイツ」の移転など「ラグビータウン熊谷」としての取り組みや、熊谷駅から5km圏内に40%の市民が住むという「コンパクトシティ」に適した特徴を整理。そうした「潜在力」を活かした産業化の進め方や、部局間・企業間のデータ連携による全体最適な地方創生の展開方策について、欧州や国内の事例を交えてご説明し、皆さまと活発な意見交換をしました。

 

2019年11月26日

自民党 科学技術・イノベーション戦略調査会「医療分野の研究に関する小委員会」にて講演を実施

2019年11月26日、自由民主党本部で行われた科学技術・イノベーション戦略調査会「医療分野の研究に関する小委員会」において、弊社代表の佐々木が「イノベーションによる社会課題解決『家での早期発見』」をテーマにお話させていただきました。「家」で発症する緊急性の高い疾患の「早期発見」を実現できれば、数兆円規模の医療費・介護費などの社会コストを削減できる可能性をご報告いたしました。

委員会の議員の方々や関係省庁職員の皆様と、医療・ヘルスケアに関わる新技術の活用促進に向けた政策に関する意見交換をさせていただきました。

 

2019年10月3日

第47回 日本救急医学会総会・学術集会にて特別講演を実施

2019年10月3日、東京国際フォーラムで行われた第47回日本救急医学会総会・学術集会において、弊社代表の佐々木が「イノベーションによる社会課題解決『家での早期発見』」をテーマに、約1時間の特別講演を行いました。

日々最前線でご活動されている救急医療に携わる先生方に、産学の知見を集結させて新たなイノベーションを生み出すことによる、病院前救急への貢献の可能性についてお話いたしました。司会の慶應義塾大学/相川名誉教授には、「我々は医師として病院に来る患者さんを治療しているが、病院前の「家での早期発見」の重要性を感じ、目から鱗が落ちた」とコメントいただき、質疑応答では「早期発見」から緊急通報に繋げる一気通貫サービスの重要性について活発な議論が行われました。

 

2019年9月11日

一般社団法人 電子情報通信学会 通信ソサイエティ大会にて特別講演を実施

2019年9月11日、大阪大学で行われた電子情報通信学会通信ソサイエティ大会において、弊社代表の佐々木が「イノベーションによる社会課題解決『家で起きる疾患の早期発見』」をテーマに、約1時間の特別講演を行いました。同学会への貢献を表彰された100名以上の大学教授、企業関係者の方々を対象に、領域の垣根を超えた様々な知見が集まることによって生まれるイノベーションが社会課題を解決する可能性についてお話しいたしました。学会員の方々からは、異分野の専門家同士のコミュニケーションの秘訣や、コラボレーションを推進するために学会として/企業として/個人としてすべきこと等、多くのご質問をいただき活発な議論が行われました。

2019年8月9日

宮城県職員との勉強会

2019年8月9日に宮城県庁において、観光や経済、交通関連部局等の職員の皆様に対し、弊社稲葉からデータ利活用による宮城県のさらなる発展に向けたご提言をさせていただきました。
MaaSや周遊観光、データサイエンティスト育成などのテーマについて、県の取組を教えていただきながら検討を行いました。

2019年8月5日

富山経済同友会 「富山型スマートシティに向けた提言」をテーマとして講演

201985日に行われた、富山経済同友会の海外経済視察報告会にて弊社代表の佐々木が「富山型スマートシティに向けた提言」をテーマとして約1時間の講演を致しました。報告会には富山に拠点を持つ富山経済同友会の会員企業・団体トップ層を始めとして、約50名が参加。欧州の先進事例から見えてきた、データ利活用型スマートシティの要素に基づき提言を行いました。

トップへもどる
© e-solutions inc. All Rights Reserved.