e未来をつくる仲間たち RECRUIT
社員インタビュー/<br>社会の変革のため、能動的に行動を起こせる人間になりたい。
2022.05.09

社員インタビュー/
社会の変革のため、能動的に行動を起こせる人間になりたい。

佐々木 龍之介 (ライフデザイン事業部)

バックグラウンド(前職の職種)は何ですか?
前職はIT系(Webサービス)の企業の人事部門で働いておりました。人事の中で様々な仕事を経験しましたが、特に中途採用業務を担当していた期間が長かったです。管理部門は組織を俯瞰して課題解決に取り組むことが多いので、コンサルに転職しても活かせるスキル/経験は大いにあるのではないでしょうか。

入社の決めては何ですか?
コンサル業界を中心に転職活動をしていたのですが、「社会課題」や「未来デザイン」「持続可能性」に特化している点に斬新さを感じ、興味を持ちました。選考の過程で過去の案件やリアルタイムでどのようなことに取り組んでいるか紹介していただき、この会社に決めようと思いました。「事業プロデュース」というアプローチで多くのプレイヤーを巻き込んでいくスタイルが魅力的で、この会社であれば質の高い経験を積めると確信しました。

入社時に不安はありましたか?
規模も小さいですし、上場している企業でもないので、土台がどれだけしっかりとしているのかは気になっていたポイントでした。入社してみてわかったことは、当社が結果を出し続けてきた経緯があり、その実績から有難いことにプロジェクトを継続的にお任せいただいており、このような御時世においても会社は順調な状態にあるということでした。
その分社員にも待遇として還元され、好循環が生まれている印象を持っています。

「ライフデザイン事業部」をどう思いますか?
まず会社の雰囲気で言うと、前職も比較的若い人の多い企業だったのでカルチャーショックを受けることはありませんでしたが、会社規模が小さい分風通しの良さは感じます。また、メンバーも優しい方が多く、多様性を重んじる文化があるため非常に働きやすいと感じています。上下関係なく言いたいことを相互に言い合える環境であることは大きな魅力の一つです。

どんな時、やりがいを感じますか?
まだまだ自分の業務範囲は狭いですし、多くの案件が長期的なロードマップのもと進められているので日常的に達成感を得る機会は少ないかもしれません。ただ取り組んでいるプロジェクトの規模は大きく、社会にインパクトを与えるものだと信じているので、その実現に向かっていると思うとワクワクします。また、それが社会貢献の一環であるということも充実感の一つだと思います。

今後どのような将来を描いていますか?
社会の変革を志してこの会社に入社したので、一定の成果を創出するまでは「事業プロデュース」という方法でイーソリューションズの一員として課題解決に取り組みたいと思います。
ただ、僕だけでは無く多くのメンバーが独立志向を持っており、各々の目標に向かっていく情熱を持っているのがこの会社の良いところでもあると思います。僕もそんな皆さんと切磋琢磨し、独立して社会課題に取り組んでいけるような存在になりたいと思っています。

お問い合わせ

様々なご相談にお応えいたします。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。