e未来をつくる仲間たち RECRUIT
社員インタビュー/<br>イーソリューションズで刺激的な毎日

城内あおば(ソーシャルデザイン事業部)

イーソリューションズへの入社の決め手は何ですか?
「ファシリテーター」のように働けると感じた点です。前職では、地方のいわゆる僻地と言われる場所に営業していく中で、様々な課題があることを感じながらも、1つのサービスを取り扱う自分だけでは解決できないことをはがゆく感じていました。その場で起きている課題を俯瞰し、課題解決に向かって様々なステークホルダーを巻き込む働き方ができないかと企業を探していたところ、イーソリューションズを見つけました。また、社内で運よく新規事業を担当させてもらえることになったのですが、上手く進められず案件化の機会を逃した経験も後押しになりました。新規事業のレームワークと、人を動かすスキル両方を学びたいと感じました。
それ以外には、「人」の魅力も決め手でした。面接官の方が、ケースへのフィードバックを丁寧にしてくれたり、「今後、こんな風に成長できるのではないか」とアドバイスをくれたことが非常に学びになり、「この人たちから教えてもらいたい」と思い、入社を決意しました。

入社前にどんな心配ごとがありましたか?その心配ごとは解消できましたか?
入社時は、少数精鋭な社風についていけるか…という漠然とした不安や、ソーシャルデザイン事業部に関しては、自分の精通していないエネルギー分野の領域だったので、バリューをどう出せるか不安がありました。
前者に関しては人数が少ない分、皆で助け合う環境だったり、上長との距離が近いのですぐに相談できる環境だったため、問題なかったです。後者に関しては、社内のe-learningやキャッチアップ期間が十分に設けられていたことで苦労しませんでした。

入社後に感じたイーソリューションズ/ソーシャルデザイン事業部の一番の魅力は?
社会的な価値を創出しながらパートナー企業や自社の売上に繋がる事業を手掛けることで、持続可能な仕組みをデザインするところだと思います。ソーシャルデザイン事業部の魅力は、企業のエネルギー事業の戦略を考える上で必ず必要となる「政策や制度」がどうあるべきかまで視野を広げて検討を深めていくところだと思います。

入社後と入社前の期待には何かギャップがありましたか?
「大変だけど、プロジェクトはとても面白い」と人材エージェントさんからも、上長となる方からも言われていたのですが、その通りで特にギャップはなかったです。

現在はどんなプロジェクトに携わり、プロジェクトの中で、今はどんな役割を果たしていますか?
とある企業様の脱炭素社会を背景とした再生エネルギー事業参入/拡大検討のプロジェクト等に関わらせていただいています。プロジェクトの中では、外部企業とのパートナリング検討/折衝を中心に担当しています。

何か苦労している業務がありましたか?どのように工夫して克服しましたか?
正直にいうと、エネルギーはまったく知らない分野だったので、基礎基本からキャッチップすることに苦労しました。しかし、エネルギー分野に精通しているメンバーから本質的なポイントを教えてもらえたお陰で、かなりショートカットできたと思います。

入社後にどんな成長を感じましたか?今後はどのような成長をしたいですか?
日本の再生エネルギー分野には、まだまだ課題があると感じています。そのような課題の1つ1つが何故起こっているのかという考察、それはどのように誰と解決できるのかというパートナリングを作る力で成長できると思います。
更に、政策や歩んできた歴史が違うことで海外の先進事例が日本にはそのまま適応できないことが多い中で、日本が最大利益を引き出せるモデルを検討する仮説構築力で成長を感じています。

SD事業部は、どんな印象/どんな雰囲気ですか?
真面目でクールですが、一生懸命さの中にユーモアがあり、チーム内での連携もしっかり取れている印象です。

どんな人と一緒に働きたいかですか?ソーシャルデザイン事業部が求める人物像は?
エネルギー分野に精通していながら、固定概念にとらわれない発想をお持ちの方と働けたらと思います。

普段はどのように仕事をしていますか?(タスク・スケージュール・一日のアレンジメント等)
仮説構築のための調査や外部企業/専門家へのインタビュー、資料作成やCLへの報告/相談談の会議、メンバーとのディスカッション、社長への進捗報告などが主なタスクです。セミナーにも積極的に出て情報収集するようにしています。

自由の時間はどのように過ごしていますか?
ダンスが趣味なので、週に1度は仕事をはやく終わらせてレッスンに行っています。
後は、猫とハムスターを飼っていて、仕事終わりは一緒に遊びます。

イーソリューションズに一度出て、再び戻ってきたきっかけは何ですか?
「プロジェクトの面白さ」と「人」です。イーソリューションズを退職した理由は、「ここで得た経験を活かして他で力試しをしたい」と思ったからです。実際に、イーソリューションズで学んだことが活かされたり、評価していただけたことはとても嬉しかったです。
でも何となく、プロジェクトを進めていく中で得られる刺激や面白さには物足りなさを感じてしまいました。また、社長・上司・部下との切磋琢磨があったからこその3年間だったと退職後に実感し、次は会社に恩返しもしたいと思い、戻ることにしました。

なぜ以前在籍していたライフデザイン事業部ではなく、ソーシャルデザイン事業部を選びましたか?
「今一番、ホットな分野だから」と会社におすすめされました(笑)確かに色々ホットでした。固定概念がない分何か違った新しい視点を投げられればな、と思っています。

お問い合わせ

様々なご相談にお応えいたします。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。