e未来をつくる仲間たち RECRUIT
社員インタビュー/<br>「対社会課題」でソリューションを検討できる会社
2022.04.26

社員インタビュー/
「対社会課題」でソリューションを検討できる会社

天野 玲依 (ライフサイエンス事業部)

大学/大学院の専攻について教えて下さい
分子生物学を学んでおり、薬剤候補となりうる環状ペプチドの探索について研究を行っていました。

前職では何をしていましたか?
機械メーカーで技術営業をしていました。

入社理由について教えて下さい
最大の理由は「社会課題の解決」を掲げていることです。一般的なコンサルティング業務というと「対1社」のプロジェクトとなり、相手企業のみの課題解決になってしまいますが、「対社会課題」とすると「よりよい社会となるためにはどうあるべきか」という方向でソリューションを検討する必要があるため、取り組む社会的意義が非常に大きいと感じました。

その中でもライフサイエンス事業部を選んだのは、大学の専攻分野が関わっています。社会に出てみて、自分が化学・バイオ分野に強い興味を持っていることに改めて気が付き、同時に、ヘルスケアや医療という領域が今後の日本にとって非常に重要な分野であると考えるようになりました。世界の中でも高齢化が進行している日本は、医療費増加など多くの複雑な課題が存在しますが、この解決に寄与する仕組みを作ることができれば、他国でも採用され、日本の成長率向上にも繋がると考えています。

入社後に感じることはありますか?
・フォローの丁寧さ
現在はほぼリモートワークですが、チームで1日に3回進捗確認ミーティングを行うことや、それ以外でも頻繁に困っていることが無いか聞いていただくことなどにより、大変丁寧にフォローして頂いています。

・裁量の大きさ
プロジェクトにおけるチャンスは頻繁に回ってきます。入社1ヶ月の私でもクライアント様に提出する資料の作成を任せていただくこともあり、予想以上の裁量の大きさに驚いています。
プロジェクト以外でも、部署内での役割(人材育成、生産性向上、情報収集など)を分担して月毎にローテーションしています。たとえば今月の私の担当はホームページなど広報業務であり、この記事も自分自身で掲載方法などについてweb制作会社の方と打ち合わせを行います。

今後の目指す姿は?
現在は入社1ヶ月しかたっておらず、必死にプロジェクトのキャッチアップをしている最中ですが、「明確な答えが無い中で対峙するパートナー様と合意しながらプロジェクトを前に進めることの難しさ」を痛感しています。まずはこの力をつけたいと考えています。

さらに、イーソリューションズの仕事は「1対N」であり、多くのパートナー様と「社会課題解決」という共通の目的に向かって進む必要があります。そのためには、それぞれが持つニーズや強みを分析したうえで課題解決における役割を考え、全てのプレイヤーがwin-winであるビジネスモデルの構想が必要となります。将来的にはこの構想力も鍛えたいと考えています。

お問い合わせ

様々なご相談にお応えいたします。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。